Pathfinder School in Japan
パスファインダースクール・ジャパン












アメリカで注目を集めるアウトドアスクール「パスファインダースクール」が2019年7月、日本初上陸!ブッシュクラフトの基礎的な知識を身につけて、アウトドアで過ごす時間をより充実させてみませんか?

2019年7月1日(月)〜3日(水) 北海道オンネトー国設野営場

Pathfinder School(パスファインダースクール)とは?

「万が一野外で迷った場合に、どのような知識や道具が必要になるだろう?」

20年以上にわたり軍人や漁師としての職務を経験してきたデイブ・カンタベリーは、ある時そんな問いを持ちました。デイブは自身の経験を元に、アウトドアギアのブランド「Pathfinder(パスファインダー)」を立ち上げました。現在は、実際に野外でギアを使ってみる「パスファインダースクール」やアメリカのTV番組Discovery Channel、YouTubeなどを通して、自然の中で役立つ知識を発信しています。パスファインダースクールは世界中で注目されており、YouTube公式チャンネルは6100万人を超える視聴者を獲得しています。

2019年7月、パスファインダースクールが日本初上陸!
パスファインダースクールのベーシックコースでは、「緊急時の72時間を生き抜くための知識」を身につけることができます。2019年7月、このベーシックコースをコンパクトに再構成した日本版パスファインダースクールを初開催します。
サバイバルに役立つ10C(Cで始まる10のツール)の一部を使って、自己救急法や火起こし、シェルター設営、水集めなどのスキルを身につけてみませんか?

イベントに申し込む

ベーシックコースの内容

緊急時の「72時間を生き抜くスキル」を学ぶ!

  • ベーシックコースでは、サバイバルのために不可欠な知識やスキルの基礎を学びます。
  • 個人およびグループでのエクササイズがあります。
  • トレーニングは「知識の紹介」→「デモンストレーション」→「真似」の順で実施。
    知識をしっかり習得できるようゆっくりタスクを行います。

<このコースで学べること>
  • サバイバルのための5つの優先事項
  • サバイバルキットの作りかた(リソースマネジメントの理論/ツールの安全な使い方など)
  • 身を守るための”5B”(怪我や火傷をした時の即興対処法など)
  • 火おこし(火の5つの要素/早く水を沸かす方法など)
  • 5つの基礎的なロープワーク(ロープの種類や効用など)
  • シェルターの作りかた(キャンプサイトを選ぶ際の”5W”)
  • 水の調達方法(水源の選びかた、消毒のための煮沸など)
  • ナビゲーション(原始的な方角の発見方法、コンパスの活用など)
  • 緊急時の一晩の越しかた
  • 捜索救難(鏡や火を使ったシグナルの出しかたなど)
ほか、充実した内容を予定しております。

サバイバルに役立つ「10のツール」の選び方と活用法をレクチャー!

  1. CUTTING TOOL(ナイフ):最も重要なツール。木を割ったり火を起こしたりするのに使う。
  2. COMBUSTION DEVICE(燃焼装置):暖をとったり、水の煮沸、料理、救助信号を出すのに役立つ。
  3. COVER(スペースブランケット(アルミのサバイバルブランケット)):暖をとるだけでなく、簡易テントになるものもある。
  4. CONTAINER(ウォーターボトル):ステンレス製なら、そのまま火にかけて水を煮沸できる。
  5. CORDAGE(ロープ):シェルター設営などに役立つ。
  6. COTTON BANDANNAS(コットンバンダナ):火起こしの材料や包帯、何かをまとめる道具など様々な活用方法がある。
  7. CARGO TAPE(ダクトテープ(厚手太巻き)):怪我の際のファーストエイドとして、また火起こしにも。
  8. COMPASS(コンパス):方角を調べるのはもちろん、鏡付きなら太陽光を反射させて救助信号にも。
  9. CLOTH SAIL NEEDLE(太めの針):テントのほころびや穴の開いたギアを縫って直したり、磁気を与えておけば磁石にも。
  10. CANDLING DEVICE(ヘッドランプ):照明にも、救助信号にも、そして闇の中で魚をおびき寄せるのにも使える。

<留意点>
  • パスファインダースクール・ジャパンでは時間的な制約があるため、ベーシックコースをコンパクトに再構成した内容になる予定です。
  • もし持病などがある場合は、処方薬を持ってきてください。
  • 少なくとも過去30日以内に手術もしくは入院をした場合は、回復するまで参加をお控えください。
  • トイレ・水道はキャンプ地にあります。
  • 二晩テント泊になりますので、必要な装備を持ってくるようにしてください。

スケジュール
※プログラムは予告なく変更となる場合がございます

7月1日(月)
-14:30
参加者集合・釧路空港に各自到着               
15:00 チャーターバスにて釧路空港出発
16:30
オンネトー到着
テント設営
17:00-19:00
イントロダクション/5Cの紹介、自己救急法           
19:00-21:00
夕食(バーベキュー)
15:00 チャーターバスにて釧路空港出発
7月2日(火)
-8:00
朝食(各自)
8:00-
ツールの安全、木材加工/火起こしの基本
11:30-
国の天然記念物「湯の滝」までウォーキング(1.4km、35分)
昼食(各自)
13:00-
ナビゲーション/水の調達と煮沸方法
15:00-
キャンプサイトまでウォーキング                
15:30-
基本的なロープワーク
17:00-
シェルター構築
19:00-
夕食(各自)
-8:00
朝食(各自)
7月3日(水)
-8:00
朝食(各自)                         
8:00-
SOSの出し方、三日間のまとめ
11:00
バスでオンネトー出発
12:30
釧路空港到着・解散
8:00-
SOSの出し方、三日間のまとめ
ゲスト

Dave Canterbury
デイブ・カンターベリー氏

モーラナイフ公認グローバルアンバサダー。

自然の中で生き抜くための基礎的なスキルを教える「Pathfinder School(パスファインダー・スクール)」をアメリカで主宰。人気のスクールとなっています。
著書はニューヨークタイムズのベストセラーリストに載ったことがあり、ディスカバリーチャンネルでは自身の番組を持っていたこともあります。
ブッシュクラフトとサバイバルスキルの経験を20年以上もの間積んできたデイブは、自然の中で生き抜くスキルを伝えることに人生をかけています。

Dave Canterbury
https://www.instagram.com/pathfindersurvival

  • Self Reliance Illustratedを出版、 New PioneerAmerican FrontiersmanTrappers World等の雑誌に寄稿。また、Backwoodsman MagazineやイギリスのBushcraft and Survival Skills等の雑誌の表紙を飾る
  • 著書BushCraft 101は二度NY TIMESのベストセラーに
  • パスファインダースクールは、USA TODAYによってアメリカのトップサバイバルスクールの12選に選出
  • 自己救急法を学べるアメリカのトップスクール「パスファインダースクール(オハイオ州)」と「パスファインダースクール・ワールドワイド」の協同経営者兼監督インストラクター
  • フロンティア・クリスチャン大学のWilderness Ministry学士
  • 捜索とレスキューの上級資格保有
  • 野外における応急処置と心肺蘇生法
  • Fur Takers of Americaに認定されたベテラン猟師
  • 薬草のインターナショナルスクールの基礎・中級の資格保有

会場について

北海道 オンネトー国設野営場

「パスファインダースクール・ジャパン」の会場となるのは、北海道の阿寒国立公園内、雌阿寒岳の麓にある小さな湖のほとりに設置されたオンネトー国設野営場。「オンネトー」とはアイヌの言葉で、「老いた沼」「大きな沼」という意味をもつそうです。季節や天候によって色が変化する神秘的な湖と、エゾ松や白樺を中心とした雑木に囲まれた、地元北海道の方にも人気のキャンプサイトです。また、豊かな木工文化をもつアイヌの里であり、木工のワークショップにもぴったりのロケーションです。

キャンプサイト

テントを設営するのは、天候や光の当たり方で湖面の色が変化する神秘的な湖、オンネトーのほとり。
朝目覚めたら、しばしの間湖を眺めていたくなる贅沢なロケーションです。

サテライト会場

二日目は、キャンプ場から徒歩30分ほどの場所にあるサテライト会場「湯の滝」で昼食をとります。国の天然記念物に指定されている、湯の滝。温泉の滝として、マンガン酸化物生成現象が地上で見られる世界でただ一箇所の貴重な場所となっています。(足寄町HPより)

湖畔周辺トレイル

湖はもちろんのこと、天然林や足元の植物にも目が惹かれます。
湖畔は道が悪いところもあるので、トレッキングシューズが適しています。

持ち物リスト

持ち物
詳細

テントやハンモックを使った原始的なキャンプです。
食事は1日目の夕食を除き提供されませんので、ご自身で持参ください。
電解質ドリンクのパウダーを持ってくることをオススメします。

必須の持ち物としては、個人が2泊3日を過ごせるだけの
テントや寝袋、食料、ヘッドランプ、カトラリー、水筒などで、
そうした必須のものに加えて10Cに関係のある商品が少しでも足されていると望ましいです。
もしお持ちでない場合は、無理に準備いただく必要はございません。
1) Cutting Tools:
(ナイフなど)

ナイフ:上塗りしておらず、背の部分が90度のもの。
モーラナイフの「Bushcraft Black」や「Garberg」をオススメします。
折りたたみ式ノコギリ:「Silky」もしくは「Bahco Laplander」をオススメします。
(オススメ商品の一部をこちらから購入できます)

2) Combustion Devices:
Fire Kit Components
(燃焼装置)
使い捨てライター2つ
ファイヤースターター(こちらもしくは準ずるもの)
3) Cover:
Emergency Shelter
(緊急時のシェルター)
アルミのサバイバルブランケット(こちらもしくは準ずるもの) 
ドラムライナーのゴミ袋4つ(こちらもしくは準ずるもの)
30リットルの袋
4) Cordage:
(ロープ)
パラコード約7.5m(参加者特典で、現地でプレゼントいたします)
ナイロンテープ約30m(こちらもしくは準ずるもの)
5) Container:
Drinking & Cooking
(コンテナボトル)
Pathfinderの約1リットル入るボトルとカップ(こちらもしくは準ずるもの)
↑非絶縁型、シングルウォールのもの
6) Compass:
(コンパス)
斜面光、鏡、虫眼鏡のついたコンパス(レンザティックコンパスではないもの)
「Suunto MC-2」をオススメします。
7) Cloth & Repair:
(布と修理用具)
1m x 1cm 程度の綿100%素材(こちらもしくはXXXLのオレンジTシャツ等)
古いTシャツ等の綿のハギレ(綿100%)
太めの針1本(こちらもしくは準ずるもの)
8) Candling Device:
Lighting
(ヘッドランプ)
ヘッドランプとスペアの電池
9) Cargo Tape:
(ダクトテープ)
ダクトテープ(厚手太巻き)1つ(こちらもしくは準ずるもの)
10) Combination Tool:
Multi Tools
(マルチツール)
レザーマンのマルチツールやスイス・アーミーナイフなど

You can purchase many of these items here:
http://www.uneplage.net/?mode=grp&gid=2059163&page=1
1) Cutting Tools:
(ナイフなど)

ナイフ:上塗りしておらず、背の部分が90度のもの。
モーラナイフの「Bushcraft Black」や「Garberg」をオススメします。
折りたたみ式ノコギリ:「Silky」もしくは「Bahco Laplander」をオススメします。
(オススメ商品の一部をこちらから購入できます)

参加者特典
※ご参加の皆さまにもれなくプレゼントいたします

Morakniv Bushcraft Survival Black
モーラナイフ・ブッシュクラフト・サバイバル・ブラック

TOUGH-GRID
50フィートのパラコード一束

Pathfinder
オリジナルキャップ

パスファインダースクール・ジャパン 開催概要

日程 2019年7月1日(月)〜3日(水)
料金

35,000円(税込)/お一人

※お支払いはクレジットカード(VISA, Master)およびコンビニ決済となります。
※会場の都合上、ペットの同伴はご遠慮いただいております。
※20歳未満の方はご参加いただけませんのでご注意ください。

開催場所 北海道 オンネトー国設野営場
(所在地: 〒089-3964 北海道足寄郡足寄町茂足寄国有林内)
定員 30人
集合場所・時間 釧路空港 到着ロビー
14:30
持ち物

テント、寝袋、お使いのアウトドアナイフ、7/1夕食<以外>の食事
その他、持ち物詳細については追って公開いたします。

※食事調理用の燃料は現地にて販売いたします。
(ガス缶は「CB缶・OD缶」の2タイプ、液体燃料は「アルコールとホワイトガソリン」をご用意します)

料金に含まれるもの ・釧路空港とオンネトー国設野営場のチャーターバス往復代
・キャンプサイト費
・7/1の夕食代
・ワークショップ関連費
料金に含まれないもの ・釧路空港までの往復飛行機代
・テント、寝袋
・食事代(7/1夕食のみこちらで準備いたします)
お申し込み方法 以下お申し込みフォームよりお申し込みください。
記入いただいたメールアドレスに、イベント詳細やお支払い方法などをご連絡します。
<2019年の申し込みは締め切りました。沢山のご参加誠にありがとうございます。>
主催 株式会社アンプラージュインターナショナル http://uneplage.co.jp
後援 Pathfinder School https://www.selfrelianceoutfitters.com/
キャンセルポリシー
  • 海外からゲストを招いて行うイベントの性質上、お申し込み後のキャンセルは承っておりません。
  • イベント中止の場合は参加費を返金いたします。
    飛行機代については返金できかねますので予めご了承ください。

    ※悪天候時の開催判断:6/30(日)12:00(中止の場合のみ、参加者の方にご連絡します)
定員 30人

お申し込み

イベントへの参加は、下記ボタンより決済を完了いただき次第、確定となります。

★お支払い者と参加者が異なる場合★

備考欄に参加者の方の「お名前・ご住所・TEL・emailアドレス」をお書き添えください。

イベント開催が近くなりましたら、記入いただいたメールアドレス宛にイベント詳細をご連絡します。
<2019年の申し込みは締め切りました。沢山のご参加誠にありがとうございます。>
イベントへの参加は、下記ボタンより決済を完了いただき次第、確定となります。

★お支払い者と参加者が異なる場合★

備考欄に参加者の方の「お名前・ご住所・TEL・emailアドレス」をお書き添えください。

イベント開催が近くなりましたら、記入いただいたメールアドレス宛にイベント詳細をご連絡します。

FAQ

Q首都圏在住なのですが、北海道までの飛行機手配などはお願いできますか?
A釧路空港までの飛行機手配はご自身でお願いしております。
釧路空港までの旅行の手配が必要な方は、本件の旅券の手配をお願いしておりますJTBをご紹介させていただきます。
なお、釧路空港から会場までのバス(費用に含む)は、モーラナイフ・ジャパンにてご用意しております。
Q振込での支払いは可能ですか?
A大変恐縮ですが、お支払いはクレジットカード(VISA, Master)でのお支払いのみとなります。
銀行振込をご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

オンラインストア
パスファインダーの商品購入はこちらから




同時期開催!
モーラナイフ・アドベンチャー in Japan
2019年7月5日(金)〜7日(日)北海道オンネトー国設野営場


昨年50名以上が参加した、スウェーデン発の本格派アウトドアイベント日本版。

大好評につき、今年も北海道オンネトーにて開催します。
ブッシュクラフトや木工、そしてアイヌ文化を楽しむ充実の三日間。
パスファインダースクールの参加と併せて、ぜひご検討ください!



お問い合わせフォーム

イベントに関するお問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。

※万が一フォームから送信ができない場合は、下記メールアドレス宛にご連絡ください。
 pathfinder-japan★uneplage.co.jp(★を@に置き換えてください)
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
パスファインダースクール・ジャパン

最新情報はFacebookにて

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。